2018/11/13 18:03

当社ではパーソナル コンシェルジュ サービス

(Personal Concierge Service)【 PCS 】をはじめました!

 以前より、お客様からパーティーでの小物選定やヘアメイクに関する、

御相談を頂く機会が多く、本サービスを、スタートいたします。


Ⅰ.本サービスを開始する理由

 

「ファッションで運命は変えられる。」

 

WHITE PIGEONお洋服やストールを装い、人から注目を集め、ビジネスや、ご活動が展開した。

この様に、お客様より御声を頂いた時に改めて、ファッションの力を感じます。

 

当方では紅白歌合戦の大トリを飾られる歌手の、お客様をはじめ、上場会社の女性創業社長、

また、これから新規事業や市場へ、ご自身らしい事業を展開される予定の起業家の御客様など。

TPOへ応じたファッション・コーディネートをデザイナーの立場で今日迄、アドバイスさせて頂きました。

 

2011年、個人事業「 こうの衣裳 」を始めた当初、私自身は積極的に自ら声を掛けるような営業や社交は

とても苦手ゆえに、相手から声を掛けて頂ける、自己ブランディングは必須でした。

 

その介あって装いを考え、纏う事で、沢山の良縁と巡り合いました。

ファッションは、客観的視点から自分の個性を知る事から、始まります。

 

Ⅱ.本サービス3つの使命

 

① 個性を尊重した装いを確立

② 厳選されたワードローブ

 伝統工芸の作品を日常づかいに


Ⅲ.本サービスに対する考え方

 

     個性を尊重した装いを確立

 

社会の中で役割を持つ、本物志向の御客様ご意見の中で唯一、不動の共通点を知りました。

「 他の人と同じファッション・アイテム所有を避けたい。 」

 

本サービスでは、ご用途( TPO )を正確にヒヤリングさせて頂き、

個性を引き立てる目的のコーディネート・バリエーションを、一緒に考えさせて頂きます。

 

     厳選されたワードローブ

 

私は20代の頃より一環し、コンパクトなクローゼットを保って参りました。

旅先でも同伴者に荷物の少なさを、かなり驚かれます。

 

普段は買い物をせず、例えば20歳の当時、勇気を振り絞って購入した2万円程のシンプルな黒い

タンクトップはじめ十数年間、着用しつづけている洋服や小物が何点も、あります。

毎年、ファストファッションで、フォルムの美しくないタンクトップに買い替えるより、大切な投資です。

23歳の頃にニューヨークの古着屋で購入したヴィンテージのシャネル・ピンヒールは、今も現役。

 

モノを長き愛用する唯一の秘訣は、自分に似合う品の選定力だと私は考えて、います。

 

ファッション・ビルの店頭には新しいシーズンが始まれば、

トレンドに応じた、類似品が多数、並びます。

 

例えば黒いセーターを選ぶ際に、なぜ、似たような価格帯が多数ある中で、その品が一番適切か等を、

本サービスでは、ご一緒に選定をさせて頂き、その基準も、お伝えをさせて頂きます。

 

     伝統工芸の作品を日常づかいに

 

伝統工芸の作品を日常づかい用に組み入れるコーディネートは、難しい。

民芸調の重たい空気のファッションに偏る様な先入観を私自身も、しばらく持って、いました。

しかし、量産品では創り得ない独創性を知ると1点、加えるだけ・・・で、個性が生まれます。

 

時には他の海外ブランド品と一緒にコーディネートして、格調高く。

又は、ファストファッションと組み合わせ、力を抜いて。

 

差異を明らかにする御提案を本サービスでは、お伝えをさせて頂きます。

  • Home
  • About
  • Blog